「充分」と「十分」の違い!何が満たされたのかがポイント!?

どっちも”じゅうぶん”と読む「充分」と「十分」。

「充分」と「十分」の意味や違い、わかりますか?

 

(海外旅行での盗難にはじゅうぶん気をつけましょう。)は「充分」?「十分」?

(旅行の資金はじゅうぶん貯金できている。)は「充分」?「十分」?

 

どっちも満たされているといったニュアンスで使われるので、「充分」と「十分」の意味や違いは判断が難しいところです。

今回はそんな「充分」と「十分」の使い分けについてご紹介します。

「充分」と「十分」の意味

まずは「充分」と「十分」の意味から見ていきましょう。

「充分」の意味
思い残すところのないさま。思うまま。
必要なだけ、またはそれ以上あるさま。
「十分」意味
充分と同じ。
100%満ち足りた状態。
10に等分すること。

「充分」と「十分」の意味は現在、どっちも同じ意味を持っています。

元々は「十分」だけが使われていたのですが、後から「充分」も使われるようになった経緯があります。

 

「十分」が古くから使われてきたこともあり、公文書では「十分」が使われているのですが、10分を漢字で書く場合と見分けがつかない点では「充分」の方が誤解されにくい表現とも言えますね。

「充分」と「十分」の違い

「充分」と「十分」の違いについては、何が満たされたのかがポイントになります。

満足した、気持ちが満たされた時に使うのが「充分」。

腹八分目といった慣用句があるように、数量として満ちた状態に使うのが「十分」。

 

つまり、主観的に満たされた「充分」と定量的に満たされたと言える「十分」、このような違いがあることが分かります。

 

でも、実は先のような違いは無理矢理「充分」と「十分」の違いを説明しようとしてひねり出したもので、厳密には満たされるという意味においての違いはありません

但し「10に等分すること。」という意味を持つのは「十分」だけという違いがあります。

「充分」と「十分」の使い分け

意味に厳密な違いが無い「充分」と「十分」。

使い分ける際に注意することはあるのでしょうか?

一部の意味を「十分」だけが持ち、その他の意味に違いがない「充分」と「十分」は無理に使い分ける必要がありません。

 

例えば主観的に満たされた時に使う「充分」を「十分」と表現しても間違いではないということ。

(「充分」と「十分」の使い分けには”充分”注意しよう。)

これを”十分”注意しようとしても間違いではないのです。

 

「10に等分すること。」の意味や公的文書でも使える「十分」は「充分」を兼ねるので、簡単なのは十分を使うに限りますね。

主観的に満たされた「充分」と定量的に満たされたと言える「十分」を意識しつつ、使い分けに困った時にはそれほど迷わずに「十分」を使うスタンスで良いのではないかと思います。