加湿器の効果を最大化させる置き場所とは?寝室で使う場合の注意点も

生活

部屋が乾燥すると喉の渇きや肌の乾燥してしまいます。

そんな時に活躍する加湿器。

 

加湿器は乾燥した部屋の湿度を適性に保ってくれる便利なアイテムですが、置き場所によってその効果は大きく変わってしまいます

そこで今回は加湿器の正しい置き場所や、加湿器の置き場所としてよくある寝室で使うケースについてご紹介します。


■記事の目次

スポンサーリンク

どこが加湿器の置き場所に向いているのか

加湿器の置き場所って悩ましいですよね。

特に狭い部屋の場合は、決して小さくない加湿器の置き場所にそれほど選択肢もありません。

しかし、部屋の湿度を保つ効果を最大限発揮させるにはやはり正しい置き場所に加湿器を置きたいところです。

理想的な加湿器の置き場所は部屋の中央

利便性や現実的かどうかを抜きに、理想的な加湿器の置き場所を考えるとそれは部屋の中央になります。

なぜ部屋の中央が理想的な加湿器の置き場所なのか、その理由は2つ。

[list class="ol-circle li-accentbdr acc-bc-before"]

  1. 加湿器の近くにものがあると湿気たり、濡れたりしてしまうから
  2. 部屋の中央は空気の流れが良いから

[/list]

つい部屋の隅に置きたくなる加湿器ですが、例えば窓のそばに置くと結露しやすいのであまりおすすめできません。

また加湿器から出る蒸気を部屋全体に届けるためにも部屋の隅に置くのは避けたいところ。

空気が滞留しやすい場所では加湿器の効果を発揮できないのです。

 

部屋の中央付近に加湿器を置けない場合は、部屋の空気の流れを考えてみると良いかと思います。

中央ではなくても、空気が流れる場所であれば加湿器の置き場所としては十分効果的だと言えます。

高さも重要になる加湿器の置き場所

加湿器の置き場所を考える際に考慮したいのが高さです。

特に部屋が乾燥しやすい冬場は床と天井で温度差が開きやすく、床を加湿器の置き場所にすると加湿器に大きな負担をかけてしまいます。

そうなると本来必要な加湿以上に稼働してしまって部屋が湿気ってしまるのです。

 

反対にあまりにも高い位置に置くと天井を結露させてしまうので、これも良い置き場所とは言えませんね。

どこまで出来るかはさておき、理想的な加湿器の置き場所は床から70cm~1m程度の高さです。

加湿器の間違った置き場所①

一番間違いやすい加湿器の置き場所は窓際や寝室のベッド側、壁へくっつけるなどの配置です。

部屋全体の湿度を上げてくれる便利な加湿器ですが、近くに置きすぎると不要な湿気を与えてしまいます。

窓が結露したり、寝室のベッドや布団が濡れてカビてしまったりするのは避けましょう。

加湿器の間違った置き場所②

寒い時に大活躍するエアコンとの兼ね合いも考慮が必要です。

エアコンの風が当たる場所は加湿器の置き場所にしてはいけません。

加湿器は周辺の湿度をセンサーで感知して動作を制御していますので、エアコンの風を当ててしまうと正しい動作にならないからです。

エアコンの風の影響を受けると部屋の正確な湿度が分からなくなってしまうんですね。

加湿器の間違った置き場所③

水気が天敵の家電製品にも加湿器を近づけてはいけません。

テレビやパソコンに近い置き場所にしてしまうと湿気で壊れてしまいますので、必ず家電製品から離れた置き場所を確保して加湿器を使いましょう。

加湿器の間違った置き場所④

部屋の湿度を保つには加湿器から出る蒸気を部屋の中全体へ循環させなければ効果を発揮できません。

だから、部屋の入口付近や換気扇の近くなど、部屋の中で循環させる前に室外へ蒸気が流れ出てしまう置き場所も避けましょう。

加湿器の置き場所が寝室のケース

乾燥した部屋で寝ると朝起きた時に喉を痛めていたり、肌がガサガサになってしまいがち。

そこで寝室に加湿器を置きたいという人は多いかと思います。

では、加湿器の置き場所が寝室の場合はどこに置くと良いのでしょうか。

枕元は加湿器の置き場所に向いているのか?

寝ている時に湿度を保ちたいなら、やはり枕元でご自身の周辺を優先する為に枕元へ加湿器を置くのが良さそうですよね。

でも、部屋全体の湿度を保つための加湿器をお使いなら、枕元は置き場所に最適ではないのかもしれません。

部屋全体に効果的な加湿器ですから無理に近づける必要はないんですね。

 

朝晩の温度差によって窓が結露してしまうと、そんな状況で加湿器を枕元でガンガン稼働させた時には顔がびっしょり濡れてしまいます。

 

枕元に加湿器を置く場合は30cm程は離して置き場所を確保しておきましょう。

もし枕元でピンポイントにお使いになりたい場合は、パーソナル保湿器という顔に当てることを想定した製品がありますので、そのような保湿器が最適です。

ベッド付近に加湿器を置く場合の注意点

寝室が広くない場合は加湿器を置く場所が限られてしまうかもしれません。

それでも、ベッド付近に置く場合は布団が湿気てしまわないように距離を保つことは必須です。

布団が湿気てしまうとカビの原因にもなり、そんな布団で毎日寝ることは健康面で悪影響が出てしまいます。

加湿器の置き場所まとめ

以上、加湿器の置き場所についてご紹介しました。

加湿器は正しく使えば乾燥する部屋の湿度を適切に保ってくれる便利なアイテムです。

部屋全体に蒸気が流れる置き場所、周辺のモノを湿気させない置き場所を確保して上手く使いましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"     data-matched-content-rows-num="4,2"     data-matched-content-columns-num="1,2"