寒中見舞いの時期はいつまで?友人向けの文例からビジネス用の書き方も

風習

寒中見舞いは年賀状を出し忘れた人の救世主。

忙しい年末年始はあっという間に過ぎるもので、うっかり年賀状を出すタイミングを逃してしまうことはよくありますよね。

そんな時には寒中見舞いを送ってみるのはいかがでしょうか?


■記事の目次

スポンサーリンク

寒中見舞いとは

寒中見舞いは冬に送る四季の挨拶状です。

同時に、挨拶だけではなく寒中見舞いを受け取る人の安否を気にかけることと、寒中見舞いを送る人の近況報告という役割を兼ねています。

寒中見舞いは自分が喪中の時や相手が喪中の時に、年賀状の代わりに送ることが多いもの。

でも、年賀状を出し忘れた時や送っていない人から年賀状が届いた場合にも、寒中見舞いは役立つんですね。

寒中見舞いはいつまで?時期をチェック!

寒中見舞いは年賀状を送り忘れた時に使えるぐらいなので、時期的に正月の三が日を過ぎてから出すのが一般的です。

具体的には、寒中見舞いを出すのは松の内(1月7日)があけてから立春(2月4日)で、2月4日までに相手方へ寒中見舞いを届ける為にも、1月中に投函するということを時期の目安として覚えておけば良いかと思います。

寒中見舞いという名前にも入っている「寒(かん)」。

この「寒」の時期は寒の入りから立春まで、つまり1月5日から2月4日ごろの時期を指しますので、寒中見舞いがおよそこの時期と重なるんですね。

もし「寒」の時期を逃してしまった場合は、寒中見舞いではなく余寒中見舞いとなるのが一般的です。

寒中見舞いの書き方と注意点

寒中見舞いには必ず書かなければいけないフォーマットなどは特に決まっていません。

でも、寒中見舞いでよく使われている文章は大抵同じフォーマットになっていますので、寒中見舞いの一般的な書き方を見ていきましょう。

以下の構成を抑えておけば寒中見舞いの書き方はバッチリですよ。

寒中見舞いの構成1:季節のあいさつ

・寒中お見舞い申し上げます

・寒中お伺い申し上げます

寒中見舞いの構成2:時候の挨拶

・寒さ厳しい折いかがお過ごしでしょうか

・暖冬とはいえ、さすがに冷え込む今日この頃、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

・厳寒の折、ご家族の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

寒中見舞いの構成3:年賀状へのお礼とお詫び

・早々にご丁寧なお年始状をいただきまして、ありがとうございました。

・先日はご丁寧な年頭のご挨拶を頂戴し、誠にありがとうございます。

・新年のご挨拶を頂きながらもご挨拶が遅れ、誠に申し訳ございません。

寒中見舞いの構成4:近況報告

・私の方は、おとそ気分もようやく薄れ、寒さに負けず気持ちを新たに頑張っています。

・昨年末より帰郷し、家族そろって賑やかに暖を囲む正月となりました。

・おかげ様で私皆変わりなく過ごしております。

寒中見舞いの構成5:結びの挨拶

・本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。

・今年は例年より厳しい寒さが続いておりますので どうぞご自愛ください。

・世間では流感が猛威をふるっております。時節柄、くれぐれもご自愛ください。

寒中見舞いの構成6:日付

○○○○年○月

○○○○年○月吉日

 

もし相手方が喪中と知らずに年賀状を送ってしまった場合は、可能な限り短い文章でまとめましょう。

これは年賀状で既に近況報告や挨拶を済ませていることもあり、寒中見舞いで長々と書く必要はありません。

文例1:友人へ送る堅苦しくない寒中見舞い

寒中見舞いを友人へ送る際に、あまり堅苦しくないものを送りたいというケースがあります。

そんな時にどのような寒中見舞いを送れば良いのか、参考までに文例をご用意しました。

[box class="box14″]

寒中御見舞申し上げます。厳しい寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか。

新年にはお年賀のご挨拶ありがとうございました。

私のほうは昨年末に引っ越しをしましたので、近くにお立ち寄りの際には是非遊びにきてください。

寒の入りです、くれぐれも風邪などに十分ご用心くださいね。

[/box]

文例2:ビジネスで使える無難な寒中見舞い

ビジネスで得意先などに寒中見舞いを送る場合は、間違って失礼な書き方をしないよう注意しなければいけません。

ここでは崩し過ぎず、無難な寒中見舞いの文例をご紹介します。

[box class="box14″]

貴社の皆様におかれましては、お健やかに新年をお迎えのことと何よりに存じます。

旧年中は格別のご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。

弊社では本年もより一層の努力をしてまいる所存でございますので、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

厳寒のみぎり、貴社の皆様方に於かれましてはご自愛いただきますようお祈り申し上げます。

[/box]

 

以上、寒中見舞いの時期や文例についてご紹介しました。

寒中見舞いは頻繁に送る機会もないので、必要な時に書き方やマナーをしっかり調べて送ると良いかと思います。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"     data-matched-content-rows-num="4,2"     data-matched-content-columns-num="1,2"