パンケーキとホットケーキの違い!生まれた国と食のカテゴリーが違う!?

違い

パンケーキが人気ですね。

ふわふわのパンケーキ、確かに魅力的です。

私は子供の頃に実家でパンケーキをよく食べていました。

 

ところで、パンケーキとホットケーキって何が違うのでしょう?

どちらも同じようなスウィーツですが、パンケーキとホットケーキには何か違いがあるのか気になったので調べてみました。


スポンサーリンク

パンケーキの由来

まずはパンケーキの由来から見ていきましょう。

ホットケーキと違いが分かりにくいパンケーキですが、パンケーキの「パン」をブレッドのパンと思っている人は多いかと思います。

でも、パンケーキの「パン」はフライパンからきています。

 

パンケーキを調理する際にフライパンで焼き上げるケーキだからパンケーキなんですね。

 

基本的なレシピは小麦粉と卵、ベーキングパウダー、牛乳を混ぜて砂糖で味を整えます。

海外では様々な具材を乗せて食べることも多く、スウィーツというより食事としてパンケーキを食べるようです。

だからホテルの朝食としてパンケーキが出されたりするわけですね。

ホットケーキの由来

ホットケーキのレシピは小麦粉と卵、ベーキングパウダー、牛乳を混ぜて砂糖で味を整えます。

あれ?なんだかパンケーキと違いが分からないですね。

 

元々海外で親しまれていたパンケーキが日本に伝わり、その当時パンケーキミックスを販売した企業が「暖かいから」という理由だけで名前をホットケーキミックスとして販売したことが由来なんです。

つまり、基本的な材料はパンケーキとホットケーキに違いがないけど、異なる名前で広まったんですね。

パンケーキとホットケーキの違い

ホットケーキはレシピ自体、パンケーキと違いがありません。

 

ただ、日本で広まったホットケーキはデザートとして親しまれているだけあって、甘い生地に作る傾向があります。

分厚く焼き上げて、メイプルシロップとバターでいただくスタンダードなホットケーキ。

 

一方でパンケーキは海外で食事としても食べるので、ホットケーキほど甘くない傾向にあるという違いがあります。

また、比較的薄く焼き上げるのもパンケーキの特徴。

 

でも実はホットケーキとパンケーキに厳密な違いは決まっていないんです。

実際、森永製菓でもパンケーキとホットケーキの違いを次のように説明していますね。

[box class="box14″]「当社ミックス粉においてのパンケーキとホットケーキの違いは、現在はこのように定義づけています。『甘さの違い』とベーキングパウダーの量の差による『膨らみの違い』です。

パンケーキは、薄くて焼きあがった生地自体の味は控えめで、トッピングを引き立たせて楽しむもの。甘みが少ないのでお食事系にも合うようにしています。

ホットケーキは、ふんわり甘みのある生地を楽しんでいただくもので、ミックス粉はクッキー、マフィン、ドーナツ等の焼き菓子系の素材としても活用できます」[/box]

(出典:https://sirabee.com/2015/07/07/39539/)

 

パンケーキが日本ローカルでホットケーキとして広まったので、基本的にパンケーキと呼べばどちらでも間違いになりません。

逆に海外ではホットケーキという名前自体が通じない国が大半です。

ということで、特にパンケーキとホットケーキの明確な違いは無いので気にする必要が無いということですね。

 

以上、パンケーキとホットケーキの違いについてご紹介しました!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"     data-matched-content-rows-num="4,2"     data-matched-content-columns-num="1,2"