「昨年」と「去年」の違い!使い分けしないと違和感が出る!?

違い

前の年を表す「昨年」と「去年」。

どちらも同じ意味で違和感なく使えるので、違いを意識する機会は少ないかもしれません。

でも異なる漢字で表す「昨年」と「去年」、これら2つの違いは何なのでしょうか。

 

そんな「昨年」と「去年」の意味や違いを知り、正しい使い分けが出来るようになる情報をご紹介します。


スポンサーリンク

「昨年」と「去年」の意味

まずは「昨年」と「去年」の意味から見てみましょう。

[memo title="MEMO"]「昨年」の意味
その年の前の年。
[/memo][memo title="MEMO"]「去年」の意味
その年の前の年。[/memo]

「昨年」と「去年」の意味に違いはなく、辞書でもセットで解説されているようです。

確かに「昨年」と「去年」の意味には違いがありませんが、果たして全く同じ言葉として使われるのでしょうか?

「昨年」と「去年」の違い

調べてみると、「昨年」と「去年」には若干ニュアンスに違いがあることが分かりました。

「昨年」にだけは以下のようなニュアンスの違いがあります。[memo title="MEMO"]

現時点と比較したり、状態が継続していることを表わしたりする場合に用いられやすい。

「去年」にくらべて改まった場合に用いられることが多い。

[/memo]

 

確かに口頭でよく使うのは「去年」の方で、会話の中で「昨年」を使うとなんだかお硬い印象を与えてしまいます。

友達に対して「昨年のゴールデンウィークに・・・」とはあまり使わないですよね。

「昨年」と「去年」の分かりやすい違いは、「昨年」が書き言葉「去年」が話し言葉という違いだということです。

 

ただ、書き言葉の「昨年」を目上の方に対して敢えて改まった表現として話すこともあれば、話し言葉の「去年」をSNSで書く機会もあるので厳密な決まりはありません。

 

また、「昨年」より「去年」の方がくだけた表現ですが、実は古くから日本で使われていたのは意外にも「去年」の方なんですよね。

 

「昨年」と「去年」使い分け

「昨年」と「去年」の使い分けに関しては、シンプルに「昨年」と「去年」の特徴の違いを意識すれば簡単です。[list class="ol-circle li-accentbdr acc-bc-before"]

  1. 現時点と比較したり、状態が継続しているかどうか
  2. 改まった表現かくだけた表現か

[/list]

それではいくつか例文を見ながら「昨年」と「去年」の使い分け方を確認してみましょう。

 

・昨年から続く不況の影響で、依然として厳しい経営状況だ。
・去年から続く不況の影響で、依然として厳しい経営状況だ。

この場合は状態が継続しているので「昨年」が適切な表現になります。

昨年来という言葉があるように、継続・比較の場面では「昨年」を使います。

 

・昨年の沖縄旅行はとても楽しかったね!
・去年の沖縄旅行はとても楽しかったね!

これは親しい仲で使う言葉なので、改まった表現の「昨年」では違和感があります。

だから「去年」を使うのが自然ですね。

 

以上、「昨年」と「去年」の違いや使い分けについてお伝えしました。

意味そのものに大きな違いは無いので大抵のケースではどちらを使っても大丈夫ですが、状況によっては違和感が出てしまいますのでその時は上手く使い分けましょう。

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"     data-matched-content-rows-num="4,2"     data-matched-content-columns-num="1,2"