左翼と右翼の意味と違い!簡単に明言できるものではないけど・・・

違い

政治の話にいつも出てくる左翼と右翼。

ネット上ではパヨクとかネトウヨとか言われ、左翼と右翼はいつも対立構造にありますよね。

でも、左翼と右翼ってなんとなく知っていても意味が分かりづらくないですか?

 

そこで今回は左翼と右翼の意味や違いについて、詳しく見ていきたいと思います。

※厳密な意味、定義は難しくなりすぎるので、ざっくりした意味や違いをご説明します。


スポンサーリンク

左翼と右翼の意味

まずは左翼と右翼の意味を見てみましょう。

[box class="box32″ title="左翼の意味"]社会主義・共産主義・無政府主義などの革新的な思想。また、そのような立場の人・団体。左派。[/box]
[box class="box32″ title="右翼の意味"]保守的または国粋的な思想、立場の一派。また、その者。[/box]

左翼と右翼の意味はイメージと合っていましたでしょうか?

 

漠然と左翼が革新派右翼が保守派というのはご存知の人が多いのではないかと思います。

でも、そもそも左翼と右翼の左や右って何の意味があるのでしょう?

左翼の左や右翼の右の由来

左翼や右翼の左右はフランス革命時代の議会が由来になっています。

当時の議席が、議長席から見て左側にジャコバン派と呼ばれるフランス革命を推進する社会主義などの革新派が座っていました。

一方で右側にはジロンド派と呼ばれる保守派が座っていたことから、左翼と右翼という名前になったのです。

 

つまり、日本の場合は左翼というと、伝統を守り続けるのではなく新しい政治を取り入れようとする思想を持つ人達という意味になります。

右翼は日本で古くから受け継がれてきた政治を守り続けたいと考える人達を意味します。

リベラルとコンサバティブの意味

ネトウヨやパヨクは言葉の意味が分かりやすいもので、右翼と左翼を意味しているのは明らかです。

では、最近よく聞くリベラルとコンサバティブは一体どういう意味なのでしょうか?

 

リベラルは左翼に近い考えを持ち、他に革新派と呼ばれたりもします。

コンサバティブは右翼に近い思想で、保守派とようのも同じような意味ですね。

 

具体的な政治に対する考えの違いを例に挙げると、天皇制に対して賛成寄りの右翼と反対寄りの左翼といったところでしょうか。

左翼と右翼をあまり簡単に定義するのは現実との乖離があるので、あくまでもざっくりとした意味としてご紹介しました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"     data-matched-content-rows-num="4,2"     data-matched-content-columns-num="1,2"