「制作」と「製作」の違い!使い分けのポイントは何を作るか!?

違い

「制作」と「製作」はどちらも”せいさく”と読む漢字ですね。

漢字から作るという意味を持つ「制作」と「製作」ですが、意味に違いはあるのでしょうか?

 

(骨董品をせいさくする)は「制作」?「製作」?

(自社商品をせいさくする)は「制作」?「製作」?

 

今回はそんな「制作」と「製作」の意味や違い、使い分けについてご紹介します。


■記事の目次

スポンサーリンク

「制作」と「製作」の意味

まずは「制作」と「製作」の意味から見てみましょう。

[box class="box32″ title="「制作」の意味"]芸術作品などを作ること。[/box]
[box class="box32″ title="「製作」の意味"]道具や機械などを使って品物を作ること。[/box]

作るという意味に違いはありませんが、何を作るかによって使い分けが必要になりそうですね。

「制作」と「製作」の違い

「制作」と「製作」の違いは作る対象にあります

 

「制作」を使うのは芸術作品、骨董品や絵画などを作る場合に使います。

クリエイティビティが求められる作品を作ることを「制作」と表現するイメージで、ここが「製作」との大きな違いですね。

芸術作品以外ではWEBサイトやゲーム、パソコンのソフトウェアにも「制作」を使います。

 

一方で「製作」を使うのは品物、機械製品などを作る場合。

「製作」は作り方をマニュアル化して量産できるようなものに使います。

 

「制作」と「製作」のどちらも使えるケースもありますが、基本的にはこのような違いがあります。

 

具体例を見ながら「制作」と「製作」の違いを確認してみましょう。

[box class="box14″]「制作」を使うケース
展示会に出展する絵画を制作する。
一年がかりで骨董品を制作する。
クライアントが出稿する広告の制作に追われる。[/box]

[box class="box14″]「製作」を使うケース
新商品は製作コストが高い。
DIYで家具を製作するのは楽しい。
トラブルの原因を究明するために製作工程を検査する。[/box]

「制作」と「製作」の違いが分かれば、使い分けは簡単ですね。

「制作」と「製作」の使い分け

「制作」と「製作」の違いを理解していても、使い分けが悩ましいものもあります。

例えば映画に使われる制作と製作。

 

芸術作品としての映画を指す場合は映画制作で、例えば映画の撮影や動画編集などはクリエイティビティが求められますよね。

映像制作会社、制作プロダクションなんて表現します。

一方で、例えば映画を撮影するために必要な小道具は製作の方が適切で、使い分けが必要になるのです。

創造性の「制作」と実用性の「製作」

以上、「制作」と「製作」の違いや使い分けについてご紹介しました。

モノを作ることに違いは無い「制作」と「製作」。

 

違いを理解して「制作」と「製作」を使い分けるためにも、何を作る時がどっちのセイサクかを機械的に覚えるのではなく、作るものが創造性を求められるものか実用性のあるものかで「制作」と「製作」を判断していきましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"     data-matched-content-rows-num="4,2"     data-matched-content-columns-num="1,2"