その舌苔の取り方、間違いです!歯ブラシよりも簡単なのはハチミツ?

生活

ふと鏡を見た時に自分の舌が白いことに気づく。

その白い舌の原因は舌苔ですね。

舌苔は気になるものですが、正しい取り方とはどんな方法なのでしょうか。


■記事の目次

スポンサーリンク

舌苔とは?

舌苔とは、常在菌によって食べ物の残りカスや口腔粘膜が分解されて舌の表面に付着したもの。

舌の表面が白くなっていればそれが舌苔です。

舌苔は細菌なので、自分の舌に菌が付いているのは何か問題がありそうですよね。

でも逆に考えると常在菌がしっかりと働いている証拠。

舌苔があるからマズイ、と考える必要はありません。

 

舌苔が問題になるのはあまりにも舌苔がたくさんある場合。

舌苔が多すぎると口臭の原因にもなりますのでケアする必要がありそうです。

舌苔の取り方は歯ブラシによる舌磨きが一般的だけど

舌磨きをする人は少なくありませんよね。

舌苔の取り方として歯ブラシで舌磨きするのは一般的かもしれません。

歯ブラシで舌の表面を綺麗にすると、確かに舌苔が取れそうなもの。

 

でも実はコレ、歯ブラシで磨いても舌苔は取れないんです

 

それに舌の表面には薄い粘膜があるので、歯ブラシでゴシゴシと磨くと舌苔が取れるどころか舌を傷つけてしまいます。

だから歯ブラシで磨くという取り方は避けたほうが良いですね。

もちろん歯磨き粉を使うのもおすすめはできません。

簡単な舌苔の取り方は専用の舌ブラシ

実は舌苔を取り為の舌ブラシが市販されています。

これなら簡単に舌苔を取ることができそうです。

舌ブラシは舌を傷つけないように歯ブラシより柔らかくできているので安心ですね。

 

でも、いざこの取り方で舌苔を取ろうとしてみると、意外と舌の奥までついている舌苔が取りにくいことに気が付きます。

それにいくら舌ブラシが柔らかくても、物理的に力技で舌苔を取ろうとしている点では歯ブラシと同じ取り方でしかありません。

舌ブラシを勧める人もいるようですが私はあまり良いとは思えないのです。

舌苔の取り方はハチミツを使う!?

焦げたフライパンをキレイにするなら無闇にたわしでゴシゴシと擦るよりも、お酢の力を借りて取れやすくした方が良いように、舌苔の取り方も力技よりもっとスマートな方法がありそうです。

そこで試してみる価値がある取り方がハチミツ。

ハチミツに含まれている酵素のプロテアーゼが舌苔を分解してくれるんですね。

これなら舌を傷つける心配もありません。

 

舌苔の取り方としてだけでなく、ハチミツは健康面でも注目されています。

豊富なビタミンやカリウム、ナイアシンなどの栄養がたっぷりで、疲労回復や肝機能の改善効果が期待できます。

乳幼児に食べさせるのは厳禁ですが、天然の甘味料と言われる美味しいハチミツで舌苔が取れるのは嬉しいですね。

舌苔の取り方として試してみて下さい。

唾液が少ない人の舌苔の取り方

唾液は口内環境を整えてくれます。

舌苔が多い人の中にはこの唾液が少ないことが原因というケースもあるです。

ということは、唾液を増やすことが舌苔の取り方として自然なアプローチですよね。

 

そこで試してみたいのが舌の体操です。

舌をできるだけ出したり、歯茎の外側に沿って舌を回すことで唾液の分泌が促進されます。

特に舌回し運動は健康法としても人気がありますので一石二鳥。

他にもガムを噛むだけの簡単な方法でも唾液を増やすことが出来ます。

舌苔は取りすぎないように

舌苔は本来、正常な身体の免疫反応です。

舌苔が極端に多いのは問題ですが少しぐらいなら気にする必要はありません。

もし舌苔の取り方を試すにしても、舌苔を取るのはほどほどにしておきましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"     data-matched-content-rows-num="4,2"     data-matched-content-columns-num="1,2"